本文へスキップします。

H1

導入事例

【参】タイトルイメージ( 導入事例)

事例 /

導入事例(詳細)

2019/09/25

教育BtoB物流

在庫の一元化で、それぞれの塾校舎で行っていた教材管理の負担を軽減

導入経緯

この塾運営会社様は、生徒向けの教材を本部と各校舎で在庫し、生徒に配布するという運用を行っていました。
そのため教材の保管で教室が一室埋まってしまったり、各校舎のスタッフが教材管理業務(教材の仕分けや注文から販売実績の入力、在庫数の更新や本部への報告など)を行っており、大きな負担となっていました。
また、校舎でまとめて配布された重い教材を自宅へ持ち帰る、ということも生徒にとって手間となっていました。

  • お客様情報

    企業:塾運営会社様
    取扱商品:塾用教材・販促品 他
    お客様の拠点:150拠点

  • 当社受託概要

    出荷件数
      ・各校舎への出荷:8,000件/年
      ・生徒宅への出荷:70,000件/年
    営業日:月~金曜日(祝日除く)
    運用倉庫:東京都内


課題

  • 各校舎で教材を保管しており、エクセルなどでアナログ管理している
  • 繁忙期は残業して教材配布の対応をしている
  • 教材の購入について、生徒から不満の声があった
イメージ

解決

  • 一元管理することで、適正在庫での運用が実現
  • アウトソーシングにより、繁忙期の社内業務負担を削減
  • 宅急便で個人宅へ教材を配送することで、生徒の満足度が向上

提案内容

各校舎や本部にある教材の在庫を当社倉庫に集約することで、教材の保管場所と管理業務の負担を削減しました。
運営本部の基幹システムと在庫管理システムを連携させ、全ての情報をシステム上で一元管理することを実現。各校舎から入る教材の注文や発送状況、在庫をリアルタイムに把握できるようにしました。これにより各校舎だけでなく、本部の管理業務全体の負担も軽減させることができました。
生徒も自宅からインターネット使って教材注文が可能になり、注文した教材も自宅へ届くようにするなど、生徒の手間も軽減することができました。

 

導入効果

現場スタッフの業務負担を軽減

当社にアウトソーシングすることで、スタッフは生徒の対応に専念できるようになり、教材管理業務の負担を軽減することができました。
また、校舎の保管スペースも有効活用できるようになりました。

教材全体の在庫を適正な量で運用

各校舎で余分に確保している滞留在庫や、同じ教材を複数拠点で管理することによる二重在庫など、余剰の在庫がありました。
在庫管理拠点を1つにまとめることで、ムダな在庫を削減でき、適正な量で運用することができるようになりました。

エンドユーザー(生徒)の満足度向上

塾へ通う生徒が持ち帰っていた教材を個人宅へ発送。重い荷物を持った移動がなくなり、エンドユーザーの満足度が向上しました。

 

利用機能

セット組み 分冊テキスト※1を機械でセット組し、出荷業務のスピードアップ、在庫管理精度向上に貢献
マルチピック ピッキング効率化システム。生産性と品質向上に貢献

※1 テキスト本体と解答解説が別冊になっている教材等

Service

サービス

お問い合わせリンク(導入事例)

Contact

お問い合わせ

各専用フォームにてご入力ください。