本文へスキップします。

H1

導入事例

【参】タイトルイメージ( 導入事例)

事例 /

導入事例(詳細)

2019/09/02

トイレタリー、化粧品通販物流

拠点再配置で配送コスト削減と配送リードタイムの短縮を実現

導入経緯

関東圏を中心にオーガニックコスメの店舗を展開(通販事業も展開中)しているこの大手化粧品メーカー様は、一人一人に合わせた豊富な商品を取り扱う女性に人気のブランドです。順調に売上を伸ばしており、ここ数年の出荷数は右肩上がりで物流コストも膨らむようになりました。お客様が持つ地方の自社倉庫から全国へ発送する際に時間がかかってしまい、サービスレベルが低下することを懸念しておられました。また、出荷能力が追い付かず対応が難しくなってきたことから、在庫精度と出荷能力を向上させ、販売機会損失を防止することも臨んでおられました。

  • お客様情報

    企業:大手化粧品メーカー様
    取扱商品:化粧品 約400アイテム
    お客様の倉庫:地方1拠点

  • 弊社受託概要

    EC出荷件数:約12,000件/月(うち関東4,800件/月)
    納品先店舗数:25店舗+海外数店舗
    在庫量:350,000ピース(300坪程度)
    運用倉庫:東京都内

課題

  • 出荷量増加による発送の遅れや出荷ミスが発生しており、ユーザーに商品が届くまでに時間が掛かっている
  • 自社倉庫の人手作業による出荷処理能力が、限界に近づいている
  • 店舗での納品対応業務が負担になっている
イメージ

解決

  • 倉庫内の配置見直しと拠点配置の見直しで「翌日配送エリア」が拡大!ユーザーへ商品をお届けするリードタイムが短縮!
  • 省力化機器の活用で出荷能力向上と物流トータルコストを削減!
  • カテゴリー納品により接客サービスが向上。また、物流業務を委託することで、商品開発や店舗業務など社員の本業回帰を実現!

提案内容

お客様の出荷データを基に商品のお届け先を分析。主要ユーザーが多い関東地区のヤマトグループの拠点に物流を分散することで、配送コストとリードタイム短縮を実現しました。また、倉庫管理システム(WMS)を使い、出荷パターンに合わせたピッキング方法を選択。出荷能力も向上し、販売機会の損失を防止しました。

導入効果

拠点見直しにより、配送リードタイムの短縮

ユーザーの多い関東に拠点を置いたことで、物流コストを年間1千万円以上削減しました。また、在庫の見える化と配送リードタイム短縮で、注文キャンセル率を50%削減し、顧客満足度の向上に貢献しました。店舗においては、店舗スタッフの接客時間が増えたことにより、店舗のサービス向上に繋がり売上向上になりました。

 

お客様の声

「関東に拠点を設けることで、翌日配達が65%達成できました」

お客様からは、物流業務を委託したことで本業(製造・商品開発等)に専念することが出来ました。物流コストの削減を実現できたことも効果としては評価してますが、店舗への配送方法や、発送資材の提案・店舗改装時の商品納品・回収作業など、物流全般のサポートが充実していることも高く評価しています。とのお言葉を頂きました。 

お問い合わせリンク(導入事例)

Contact

お問い合わせ

各専用フォームにてご入力ください。