本文へスキップします。

H1

導入事例

【参】タイトルイメージ( 導入事例)

事例 /

導入事例(詳細)

2019/09/02

アパレル通販物流

クロスドック型運用でEC専用物流センターを立ち上げ 

導入経緯

このお客様は、ユーザーの利便性を上げるため、ユーザーが欲しい商品を好きな時に、好きな場所で受け取れるようにするための取り組みを行っています。この取り組みにより、個人宅への配送が増えてきたため、通販専用の物流センターの立ち上げを検討するようになりました。ただ、ユーザーの利便性を向上させるためには、店舗在庫とEC在庫のシームレスな連携は必須と考えられており、もう一つ物流センターを立ち上げることに躊躇されていました。

  • お客様情報

    企業:アパレルセレクトショップ様
    取扱商品:アパレル関連 約6,000アイテム
    お客様の倉庫:東京都内(23区)

  • 弊社受託概要

    EC出荷件数:5,000件/月
    在庫量:なし(クロスドックのため)
    営業日:平日+土曜日
    運用倉庫:東京都内(お客様の倉庫から5km圏内)


課題

  • ユーザーが欲しい商品を好きな時に、好きな場所で受け取れるようにしたい
  • 自社倉庫のキャパシティはすでに限界に近づいている
  • ユーザーの利便性向上も重要だが、在庫は増やしたくない
イメージ

解決

  • EC専用の物流センターを設けることで、出荷能力を強化。お客様の受取り利便性が向上
  • クロスドック型のセンターを採用することで、在庫を大きく増やすことなく店舗在庫とEC在庫のシームレスな連携を実現
  • お客様の倉庫近くに新たな拠点を設けることで、横持ち費用を抑制し、トータルコストを削減

提案内容

お客様倉庫と弊社倉庫の位置関係に注目をしました。車で20分と至近距離にあることから、保管型の倉庫ではなく通過型の倉庫にする方がメリットが大きいと判断し、提案を行いました。

導入効果

Eコマースへの取り組みが功を奏し、業績拡大中

通過型の倉庫を新設することで、在庫を大きく増やすことなく出荷のキャパシティを強化することができ、ユーザーの受取り利便性が向上しています。その他、ギフト対応などユーザーの要望にきめ細かく対応できるようになり、結果としてお客様の業績拡大に貢献できています。

お客様の声

保管型の倉庫を新設するより、倉庫運営費用は10%以上抑えることができている

お客様からは、試算ベースではあるが、EC専用の物流センターを構えたコストに比べ10%以上コストセーブが出来ている、と評価を頂いています。それ以外にも在庫を大きく増やさなくてもいいことに関して、大きな評価を頂いています。

Service

サービス

お問い合わせリンク(導入事例)

Contact

お問い合わせ

各専用フォームにてご入力ください。