本文へスキップします。

【全・コラム】ヘッダーテキスト
【参・コラム】下層kv

食品業界向けリコールに備えるコラム

食品業界向けリコールに備えるコラム

汎用DB:詳細
 

2019年度第三四半期に発生した食品自主回収の発生品目について

2019年度第三四半期に発生した食品自主回収の発生品目について

 今回のコラムでは2019年度第三四半期に発生した食品自主回収情報を発生品目別に分析した結果をお届けいたします。
 ※情報収集期間:2019年10月1日~2019年12月31日
 ※出典:弊社保有情報から集計

菓子類の自主回収が63件発生。

 上記のグラフは2019年度第三四半期に発生した食品自主回収の発生品目の中で、発生件数が多い上位10品目を示したものです。発生件数の上位3品目は以下の通りでした。

  1. 菓子(63件、前年差 +12件)
  2. 弁当・惣菜(13件、前年差 -18件)
  3. 清涼飲料(12件、前年差 +4件)

 食品自主回収の発生件数が減少している中で、菓子類の自主回収発生件数は前年より増加しました。

 続いて、2019年度の菓子類の自主回収について更に分析した結果をお届けいたします。

期限表示の間違いが増加。

 

 上記のグラフは菓子類の自主回収発生件数を四半期別に分析した結果を示したものです。2019年度の第一四半期と第二四半期には前年度と比較して菓子類の自主回収発生件数が減少しましたが、第三四半期には前年度を上回る結果となりました。
 2019年度第三四半期に菓子類の自主回収発生件数が増加した要因を分析した結果は下記の通りです。

 

 2019年度第三四半期に発生した菓子類の自主回収の発生理由について分析した結果、前年度より期限表示の誤記による自主回収が10件増加、異物の混入による自主回収が5件増加したことがわかりました。

関連記事

■2019年12月 食品自主回収発生品目分析

■2019年11月 食品自主回収発生品目分析

■2019年10月 食品自主回収発生品目分析

食品自主回収情報分析レポートについて

 本コラムに掲載している食品自主回収の情報分析結果をまとめたレポートを、毎月、お申込みいただきましたお客様に無料で配信させていただいております。

 毎月のレポート以外にも半期ごとのレポート、年間レポートも配信しておりますので、購読をご希望する方は下記のリンクにアクセス、お申込みください。

お申し込みはこちら

食品自主回収情報分析レポート月間定期配信お申込み受付中申込はこちら

食品自主回収情報分析レポート月間定期配信お申込み受付中申込はこちら

汎用DB:カテゴリメニュー