本文へスキップします。

【全・コラム】ヘッダーテキスト
【参・コラム】下層kv

食品業界向けリコールに備えるコラム

食品業界向けリコールに備えるコラム

汎用DB:詳細
 

2018年11月の食品自主回収の発生理由について

2018年11月の食品自主回収の発生理由について

 今回のコラムでは2018年11月に発生した食品自主回収情報を発生理由別に分析した結果をお届けいたします。
 ※情報収集期間:2018年11月1日~2018年11月30日
 ※出典:弊社保有情報から集計

法令違反による自主回収が増加。

 

 2018年11月に発生した食品自主回収の中で発生件数が多い回収理由トップ3は

 ・不適切な表示(20件)25.6%
 ・表示関連以外の法令違反(19件)24.3%
 ・期限表示の誤記(16件)20.5%

 でした。2018年11月には表示関連以外の法令違反による自主回収の発生件数が前年度より12件増加しました。また、2018年度の表示関連以外の法令違反による自主回収の月平均発生件数【※】より10件以上多く発生しました。
 ※表示関連以外の法令違反による自主回収発生件数(2018年4月~2018年11月):8.5件 / 月

 続いて、表示関連以外の法令違反による自主回収を更に分析した結果をお届け致します。

原材料の産地偽装により複数の自主回収が発生。

 2018年11月に発生した表示関連以外の法令違反による自主回収の中で件数が多い違反事項は下記の通りでした。

 ・農薬基準値超過(6件)
 ・産地偽装(5件)

 特に、産地偽装については1件の原材料の産地偽装が発覚、その原材料を使用していて複数の商品が自主回収を実施することになりました。

関連記事

 □2017年11月に発生した食品自主回収の発生理由とは?(2017.12.15)

 □2018年10月の食品自主回収の発生理由について(2018.11.19)

 □2018年11月の食品自主回収発生件数は何件??(2018.12.13)

お問い合わせにつきまして

本コラムについてのご意見・ご質問等はこちら

食品自主回収情報分析レポート月間定期配信お申込み受付中申込はこちら

食品自主回収情報分析レポート月間定期配信お申込み受付中申込はこちら

汎用DB:カテゴリメニュー